メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

スリー・ビルボード 人の愛と純粋さ映す

 劇作家として、戯曲「ロンサム・ウェスト」などで、既成の価値観を取り払ったむきだしの人間を描いてきたマーティン・マクドナーが、今回は映画監督として人間の本質をあぶり出した。彼のオリジナル脚本によってスクリーンに映し出されるのは、胸を締め付けられるような愛と純粋さを抱えた人間の姿だ。

 舞台は米国ミズーリ州の田舎町。さびれた道路沿いに並ぶ3枚の広告看板に、ある日メッセージが現れる。「なぜ? ウィロビー署長」「犯人逮捕はまだ?」「レイプされて死亡」--。7カ月前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)が一向に進まない捜査に怒って出した広告だ。小さな町で広告は波紋を広げ、ウィロビー(ウディ・ハレルソン)はミルドレッドの元を訪れ、広告の撤去を求めるのだが。

 徹頭徹尾、生身の人間を描くマクドナーの脚本に勧善懲悪やお仕着せのストーリーはない。ミルドレッドもウ…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1349文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです