特集

シネマの週末

ベテラン映画記者が一本の映画をさまざまな視点から論評を加えます。チャートの裏側も紹介。

特集一覧

シネマの週末・この1本

スリー・ビルボード 人の愛と純粋さ映す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 劇作家として、戯曲「ロンサム・ウェスト」などで、既成の価値観を取り払ったむきだしの人間を描いてきたマーティン・マクドナーが、今回は映画監督として人間の本質をあぶり出した。彼のオリジナル脚本によってスクリーンに映し出されるのは、胸を締め付けられるような愛と純粋さを抱えた人間の姿だ。

 舞台は米国ミズーリ州の田舎町。さびれた道路沿いに並ぶ3枚の広告看板に、ある日メッセージが現れる。「なぜ? ウィロビー署長」「犯人逮捕はまだ?」「レイプされて死亡」--。7カ月前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)が一向に進まない捜査に怒って出した広告だ。小さな町で広告は波紋を広げ、ウィロビー(ウディ・ハレルソン)はミルドレッドの元を訪れ、広告の撤去を求めるのだが。

 徹頭徹尾、生身の人間を描くマクドナーの脚本に勧善懲悪やお仕着せのストーリーはない。ミルドレッドもウィロビーも強さと弱さを併せ持った存在として描かれる。マザーコンプレックスで暴力的なディクソン巡査(サム・ロックウェル)も悪役に見せかけて、徐々に心の底に潜むピュアなものを描出させていく。

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1349文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集