メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

漫画家・白土三平さん 心は「飛んでるぜえ」 「カムイ」から自由に

「昔は、このあたりの漁師は友達でね。よく酒を飲んだ。今はみんなあの世の人だけど、それもまた人生だ」=千葉県富津市で、和田大典撮影

 東京の都心からごとごと、列車を乗り継いで3時間ほど。「伝説の漫画家」は房総の小さな漁村の、海べりの自宅兼アトリエで暮らしていた。

 「あなたは40歳過ぎ? うーん、若いねえ。時代が違うから……果たして話が合うかなあ」

 今年で86歳。少々取材に迷惑そうだったけれど、元来が話好きなのだろう。自宅のこたつに潜り込み、よもやま話を始めれば、映画の話から人生論まで、よどむところがない。

 「ジョン・ウェインなんかは、同じ西部劇でも若いころと晩年は、そりゃもう、演技がまったく別でね。それ…

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1846文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです