メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

昭和外伝/1 弟子の一日 やはり仕事は面白い /東京

 「朝6時に顔だけ塗って来て」

 仕事の伝達はいつもこんな感じだ。翻訳すると「朝6時までに顔だけチンドン用のメークをして親方の家へ来い」となる。瀧廼家五朗八(たきのやごろはち)(故人)の弟子としての1日はこうして始まる。

 頼まれたらイヤとも言わず朝4時くらいに起きて、顔に「パンケーキ」と呼ばれる舞台用化粧品メーカー・三善のファンデーションを厚塗りし、アイメークを大げさに施したら、顔がお面をかぶったようになる。その顔で、普段着でうつむいて電車に乗り小一時間。玄関チャイムを鳴らすと、何だ、親方夫婦はまだ寝ている。おかみさんに着物を着付けてもらい、髪にかんざしを挿したら、ひよっこのチンドン屋の出来上がりだ。

 前もっては絶対教えてくれない派遣先をやっと告げられ、道具(大体は「ゴロス」と呼ばれる大太鼓。女性が…

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1615文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  3. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 日の出待ち、府警40人が山に 急転直下の逮捕劇 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです