新酒

「白馬八方 黒菱」 外国人に日本らしさアピール 観光協会、大町の蔵元で発表 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成し発売された新酒「白馬八方黒菱」=大町市の薄井商店で
完成し発売された新酒「白馬八方黒菱」=大町市の薄井商店で

 地域の元気づくりや観光振興を狙いに、白馬村の八方尾根観光協会が製造に取り組んだ日本酒が完成し、1日、大町市の蔵元で発表会が開かれた。新酒の名前は「白馬八方 黒菱(くろびし)」。とりわけ白馬村で増加している外国人観光客を意識し、日本らしさをアピールできる特産品として売り出す。

 「白馬八方尾根 日本酒造りプロジェクト」と銘打ち、昨年春からスキー場や宿泊施設、土産物店の関係者らが取り組んだ。スキーでにぎわう冬だけでなく、1年を通じて売り込める商品として、オリジ…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

あわせて読みたい

注目の特集