特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

乙訓、大山崎町も祝福 役場前に懸垂幕 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <センバツ2018>

 乙訓高校のセンバツ初出場を記念した懸垂幕が、学校のある長岡京市の西隣に位置する大山崎町の役場前に掲げられ、祝福ムードを盛り上げている。

 長岡京市は1972年に市制施行するまで、大山崎町と同じ乙訓郡の長岡町だったため、結びつきは強い。大山崎町内に乙訓高出身者も多く、行政区分としては現在唯一「乙訓」の名を残すことから、一体となって応援していこうと懸垂幕を作った。

 山本圭一町長は出場決定に当たりコメントを出し、「町にある天王山は『天下分け目の天王山』と、重要な局面の慣用句になっています。今回、彼らがひとつの『天王山』を乗り越え、甲子園への切符をつかみ取ったことは、町民に明るい話題と勇気を与えてくれました。また、乙訓地域は竹の産地でもあります。若竹のように伸び盛りの若人の活躍を応援して参ります」と祝福した。

 町では乙訓高の試合当日、役場ロビーでのパブリックビューイングも企画している。【礒野健一】

〔京都版〕

関連記事

あわせて読みたい