メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴマフアザラシ

銀白色、今だけ 赤ちゃん誕生 海遊館 /大阪

海遊館で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん=大阪市港区で、亀田早苗撮影

 大阪市港区の海遊館で、ゴマフアザラシが生まれた。赤ちゃん特有の銀白色の体毛につぶらな瞳。体毛は3週間ほどでゴマ模様に生え変わるため、同館広報チームは「期間限定のかわいい姿をぜひ見てほしい」と話している。同館のゴマフアザラシ出産は8例目。飼育数は10頭になった。

 生まれたのは1月27日の夜。体重は7.98キロだった…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです