特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

ストロングスタイル!

センバツ・おかやま山陽 練習日誌/1 竹バット 腕も腹筋も「キツイ」 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長さ約3メートルの「竹」バットを振るおかやま山陽の選手たち=岡山県浅口市金光町で、益川量平撮影 拡大
長さ約3メートルの「竹」バットを振るおかやま山陽の選手たち=岡山県浅口市金光町で、益川量平撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

 「竹振りやるぞ!」

 ぞろぞろと4人の部員が集まってきた。それぞれ約3メートルの竹を手に取り、バットのように振り始める。20回10セットで計200回。バットの3倍超の長さがあるため、腕はもちろん腹筋も使わなければダメだ。部員らは「腕がキツイ」と悲鳴を上げるが、「竹振り」と呼んで親しんでいるメニューでもある。

 振り終えた祢元太陽(ねもとたいよう)主将(2年)は「低くて強く、内野手の間を抜くような安打を放ちたい」と汗を拭った。【益川量平】

    ◇  ◇

 来たるセンバツに向け、浅口市のおかやま山陽球場でトレーニングに励む同校ナインの「練習日誌」を伝える。

関連記事

あわせて読みたい