特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

青が駆ける

センバツ・瀬戸内 選手紹介/2 東大翔捕手(2年) 配球で投手けん引 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
キャッチボールをする瀬戸内の東大翔捕手=広島市東区山根東5の練習グラウンドで、小山美砂撮影 拡大
キャッチボールをする瀬戸内の東大翔捕手=広島市東区山根東5の練習グラウンドで、小山美砂撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

東大翔(ひがし・かける)捕手(2年)

 「おーい、元気だせよー」。積極的に声を張り上げながらも、冷静に試合の流れを見つめる。「試合をつくるのは投手。自分はその手伝いをするだけ」とはにかむ。

 投手のコンディションをつかむことを常に意識する。表情や投球から調子を読み取り、サインを出す。意思が通じ、投手が笑顔でうなずく瞬間が一番うれしい。投手が気持ちよく投げられるよう、「トレーナー」のつもりでリードしている。

 昨秋の公式戦11試合では打率が4割6分超えと、打撃でもチームをけん引。欲を言えば長打も狙いたいが、「犠打でもいい。試合に勝つために打つ」とチームのために戦う。

 「母さんの肉じゃが」が大好物。山口大教育学部付属光中学出身。【小山美砂】

関連記事

あわせて読みたい