メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

札幌・支援住宅火災 資金難、防火対策進まず 「下宿」定義あいまい

 高齢の低所得者に向けた施設で火災の悲劇が続いている。11人が犠牲となった札幌市の自立支援住宅「そしあるハイム」の事例からも、施設の運営団体が「安全」のための整備を進められない資金難、人材難が見て取れる。「下宿」という位置づけから防火設備などに法令違反はなかったとされるが、体の不自由な高齢者が暮らす共同住宅としての防火や避難の対策は十分だったのか。

 自立支援住宅「そしあるハイム」には生活保護受給者や体の一部が不自由な人らが入居していた。設置義務はないが、費用の高額なスプリンクラーはなかった。

この記事は有料記事です。

残り2053文字(全文2301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 東京と福岡「緊急事態再指定の段階にない」 西村担当相「危機感」は強調

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです