メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

札幌・支援住宅火災 資金難、防火対策進まず 「下宿」定義あいまい

 高齢の低所得者に向けた施設で火災の悲劇が続いている。11人が犠牲となった札幌市の自立支援住宅「そしあるハイム」の事例からも、施設の運営団体が「安全」のための整備を進められない資金難、人材難が見て取れる。「下宿」という位置づけから防火設備などに法令違反はなかったとされるが、体の不自由な高齢者が暮らす共同住宅としての防火や避難の対策は十分だったのか。

 自立支援住宅「そしあるハイム」には生活保護受給者や体の一部が不自由な人らが入居していた。設置義務は…

この記事は有料記事です。

残り2076文字(全文2301文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]