メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ

米が唯一の仲介者の時代終わった 来日中の元外相、和平新枠組み模索

記者の質問に答えるナビル・シャース元外相=東京都千代田区で2018年2月1日、藤井達也撮影

 パレスチナ自治政府の特使として来日中のナビル・シャース元外相が1日、東京都内で毎日新聞の取材に応じた。米国が主導してきたイスラエルとの和平協議について「米国が唯一の仲介者だった時代は終わった」と述べ、日本や欧州などが参加する多国間の枠組みによる協議の開始を目指して、各国に働きかけていることを明らかにした。

 シャース氏は、昨年12月のトランプ米政権によるエルサレムのイスラエル首都認定について「米国はもはや…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文619文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです