メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英中

経済協力1.4兆円 メイ首相「一帯一路」は署名せず

 【北京・浦松丈二、ロンドン矢野純一】中国の習近平国家主席は1日、訪中しているメイ英首相と会談した。中国中央テレビによると、習氏は自ら提唱する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」について「市場ルールと国際ルールに基づき運用される」と強調。メイ氏は「英中で一帯一路の協力を展開し、世界、地域の経済成長を促進したい」と応じた。

 中国当局によると、訪中に同行している企業幹部約50人と中国側との間で、一帯一路を含む建設、金融、農業、科学技術などの分野で総額90億ポンド(約1兆4000億円)の経済・貿易協力協定が署名された。メイ氏は中国の国会議長にあたる張徳江全国人民代表大会常務委員長とも会談した。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  4. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  5. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです