メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

山中伸弥所長、辞任すべからず=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 ノーベル賞受賞者の山中伸弥氏が所長をつとめる京大iPS細胞研究所で研究不正が発覚した。案の定、メディアの関心は山中所長の進退に集まっている。数年前のSTAP細胞を巡る騒動しかり、東芝や商工中金など一連の企業の不祥事しかりだが、報道の中心は犯人捜しと責任追及に終始した揚げ句、関係者が辞任したり、あるいは不幸にも亡くなったりすると急速に熱は下がる。こうした傾向は大手メディアにおいても顕著だ。

 メディアはそれで真に社会的使命を果たしたと言えるのか。この手の不正が起きる背景には構造的な必然性がある。えてしてその必然性は、まっとうな動機付けと背中合わせになっていて、単純に善悪で片付けられないし、一つの原因にも帰責できない。研究成果へのプレッシャーのせいにする報道なんぞ、浅薄の極み。そんなものとは桁違いの強烈な成果への執念なくして、大発見などあり得ない。博士号取得者のキャリアパスの少なさや不…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです