メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

山中伸弥所長、辞任すべからず=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 ノーベル賞受賞者の山中伸弥氏が所長をつとめる京大iPS細胞研究所で研究不正が発覚した。案の定、メディアの関心は山中所長の進退に集まっている。数年前のSTAP細胞を巡る騒動しかり、東芝や商工中金など一連の企業の不祥事しかりだが、報道の中心は犯人捜しと責任追及に終始した揚げ句、関係者が辞任したり、あるいは不幸にも亡くなったりすると急速に熱は下がる。こうした傾向は大手メディアにおいても顕著だ。

 メディアはそれで真に社会的使命を果たしたと言えるのか。この手の不正が起きる背景には構造的な必然性がある。えてしてその必然性は、まっとうな動機付けと背中合わせになっていて、単純に善悪で片付けられないし、一つの原因にも帰責できない。研究成果へのプレッシャーのせいにする報道なんぞ、浅薄の極み。そんなものとは桁違いの強烈な成果への執念なくして、大発見などあり得ない。博士号取得者のキャリアパスの少なさや不…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです