メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

橘幸信さん=昨年12月に衆院法制局長に就任した

橘幸信氏

橘幸信(たちばな・ゆきのぶ)さん(60)

 昨年12月、国会議員による法律作りを補佐する衆院法制局のトップに昇任すると、与野党有力議員共催の祝宴が催された。議員立法を長年支え、立場を超えた「知恵袋」として信頼を集める。

 議員の思いや意見を、法律に刻み込む手助けが仕事だ。大学の掲示板で「たまたま募集を見た」のが縁で就職。「当時は抽象的なイメージしか持っていなかった」と話すが、「論理的に条文を作るパズルのようなところや黒衣の役割が自分に合っていた」と感じている。

 2000年設置の衆院憲法調査会で、事務局総務課長として初代会長の中山太郎元外相を支えた。中山氏は憲…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです