メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

受賞者演奏会 3~6月、全国4会場 それぞれの音、晴れやかに

吉見友貴=竹内紀臣撮影

 クラシック界の登竜門として昨秋、第86回を数えた日本音楽コンクール(音コン)。1位受賞者による演奏会が、3月2日の東京を皮切りに6月まで各地で開かれる。開催6部門で栄冠を得たのは、2000年生まれの高校生▽大学・大学院に籍を置く学生▽すでに活躍中の社会人--が2人ずつ。男女比も半々で、勢ぞろいすると実に壮観だ。誠実に追究してきたそれぞれの音を、晴れの舞台で響かせてくれるに違いない。(文中敬称略)【斉藤希史子】

この記事は有料記事です。

残り2872文字(全文3079文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです