メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/181 第5章 27=高村薫 多田和博・挿画監修

 夜半の多磨駐在所で浅井忍は事情を聴かれる。十二年前に住居侵入の現行犯で逮捕された前歴がある上、当時と同じ家を覗(のぞ)いていたとあっては警察としても何もせずに放免するわけにはゆかない。住まいも仕事もあり、前科もないが、行動がちょっと怪しい<精神障害者>を相手に、近くにいた自動車警ら隊の警察官も加わって、あまり緊張感のない半ば漫談のようなやり取りが交わされる。

 お宅の言う頭の落とし物とは、つまり記憶のこと? 記憶というより思い出です、でも何の思い出なのかが分…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文968文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです