メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアのドーピング問題

「永久追放」取り消し 28選手「違反の証拠不十分」 CAS裁定

 【平昌・田原和宏】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は1日、2014年ソチ冬季五輪でドーピング違反とされ、国際オリンピック委員会(IOC)による永久追放処分に不服を申し立てたロシア選手について、聴取した39選手のうち28人の訴えを認め、処分を無効とする裁定を発表した。IOCの示した証拠が不十分と判断した。28人は9日開幕の平昌冬季五輪に出場できる可能性が出てきた。抹消されたソチ五輪の成績も認められる。

 IOCは1日、CASの裁定を受けて「大変遺憾。これで自動的に五輪の参加を承認することを意味しない」との見解を発表した。さらに「将来のドーピング防止活動に大きな影響を与える。裁定の理由を慎重に分析したい」として、スイス連邦裁判所への上訴を含めて対応を検討する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです