連載

命の重み

毎日新聞デジタルの「命の重み」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

命の重み

ペットを飼うということ 触れ合って正しい知識を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
譲渡対象の犬たちの様子を窓越しに見学できる。この日は、大阪府の広報担当副知事「もずやん」が見学に訪れていた=大阪府羽曳野市の府動物愛護管理センターで2018年1月24日、倉田陶子撮影
譲渡対象の犬たちの様子を窓越しに見学できる。この日は、大阪府の広報担当副知事「もずやん」が見学に訪れていた=大阪府羽曳野市の府動物愛護管理センターで2018年1月24日、倉田陶子撮影

 触れ合いや飼育体験を通じて、動物への正しい知識と理解を深めてほしい--。

 昨年8月、大阪府が新設した「動物愛護管理センター(アニマルハーモニー大阪)」では、動物の引き取りや譲渡、適正飼育の指導など、動物にまつわる業務に取り組んでいる。動物愛護の啓発にも力を入れており、開設から半年で約2200人が訪れている。

 「お座り!」。施設1階のエントランスに面した「ふれあいコーナー」には2匹のモデル犬がいる。少し飽きっぽい「ししまる」と人に構ってもらうのが好きな「ちょろまる」だ。2匹は現在、譲渡の対象ではなく、人と暮らす上で必要なことを学んでいる。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文843文字)

あわせて読みたい

注目の特集