メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名護市長選

進まぬ振興、止まらぬ移設 辺野古思い複雑

名護市長選の候補者の街頭演説が終わった後、静けさが戻った辺野古集落の中心部=沖縄県名護市で2018年1月28日、野田武撮影

4日投開票

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設構想が浮上してから21年、名護市辺野古で県内移設の工事が進んでいる。その移設の是非が問われる名護市長選の投開票(4日)が迫り、選挙戦が過熱する一方で、かつて米兵相手の商売で潤った「基地の街」辺野古は静かに選挙の行方を見守っている。【遠藤孝康】

 選挙戦では、移設に反対する現職の稲嶺進氏(72)と、移設を推進する政府・自民が推す新人で元市議の渡具知(とぐち)武豊氏(56)が舌戦を展開している。両陣営の選挙カーも辺野古を訪れ、支持を呼びかける。

 夜の辺野古の社交街。「ここはゴーストタウンでしょ」。老舗スナックでママが嘆く。1960年代、ベトナ…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1159文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです