メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

インフル最多更新 1週間の患者・推計274万人

 厚生労働省は2日、インフルエンザの1月22~28日の1週間の患者報告数が、定点の1医療機関当たり52.35人だったと発表した。前週よりもわずかに増えて過去最多を更新した。今シーズンの累積患者数は推計1111万人になった。

 前週の全国の定点医療機関からの報告は、1施設当たり51.93人だった。年齢構成などの偏りを補正した上で推計した1週間の患者数は274万人で、前週の283万人からわずかに減っている。年齢別では5~9歳が61万人、10~14歳が42万人などで、依然として小児患者が多い。

 直近5週間のインフルエンザウイルスの型は、例年は2月から流行するB型が既に4割を占め、A型を含めた「混合流行」になっている。

 厚労省は、外出後の手洗いや、せきエチケットの徹底を呼びかけている。【熊谷豪】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  4. 競泳 二枚看板沈む 萩野銀、瀬戸銅 400個人メドレー
  5. 夏の高校野球 秋田県内が「金農フィーバー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです