小笠原諸島

海鳥の揺りかご 西之島、噴火前の9.4倍に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2013年11月以降の噴火活動に伴い面積が大きく拡大した小笠原諸島・西之島(東京都)を1月末、本社機から撮影した。昨年4月に噴火の再開が確認されたが、現在は噴煙などは見られず、島では多くの海鳥が羽を休めていた。

 小笠原の鳥類に詳しい川上和人・森林総合研究所主任研究員によると、白い鳥の多くは今が繁殖…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

あわせて読みたい

注目の特集