メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石見銀山街道

日本遺産へ再申請 島根、広島7市町

石見銀山街道の起点になった御銀蔵付近と旧銀蔵橋=島根県大田市大森町で2018年2月1日、関谷徳撮影

 島根県大田市など島根、広島両県の7市町は1日、江戸時代に大田市大森町の石見銀山で産出された銀を運んだ「石見銀山街道」の日本遺産認定を文化庁に再申請した。昨年も申請したが、認定の判断基準とされた「ストーリー性」の面などで、認定が見送られた。4月の審査で認定の可否が判断される。

 銀山街道は大田市から広島県尾道市までの全長約130キロ。江戸時代に徳川家康から、石見銀山の支配を任された大久保長安が、銀の輸送を海上から陸上に変更した。沿線自治体は島根県側は大田市、…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです