メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
在留カード

偽造、ネットで取引横行 犯罪の温床の恐れも

逮捕されたベトナム人が所持していた偽造の免許証。赤い丸で囲った箇所は「め」が「ぬ」と誤記され、日本では見かけない漢字が使われている=群馬県警本部で(写真は一部加工しています)

 外国人が合法的に国内に滞在していることを証明する在留カード。その偽造カードがインターネット上などで取引されている。テロなどの犯罪の温床となる恐れもあり、「水際」での摘発が重要として、群馬県警は、外国人と接する事業者に対し「不審な点があれば相談してほしい」と呼びかけている。【杉直樹】

 昨年12月、在留カードや免許証の偽造品を使ったとして、ベトナム人の33歳の男2人が出入国管理法違反(偽造在留カード行使)などの容疑で群馬県警に逮捕された。

 逮捕容疑は11月14日午前10時40分ごろ、太田市内の人材派遣会社の採用面接で、身分証明書として、…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文997文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです