ゴマフアザラシ

銀白色、今だけ 海遊館で赤ちゃん誕生

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
海遊館で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん=大阪市港区の海遊館で、2018年2月1日午前8時51分、亀田早苗撮影
海遊館で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん=大阪市港区の海遊館で、2018年2月1日午前8時51分、亀田早苗撮影

 大阪市港区の海遊館で、ゴマフアザラシが生まれた。赤ちゃん特有の銀白色の体毛につぶらな瞳。体毛は3週間ほどでゴマ模様に生え変わるため、同館広報チームは「期間限定のかわいい姿をぜひ見てほしい」と話している。同館のゴマフアザラシ出産は8例目。飼育数は10頭になった。

 生まれたのは1月27日の夜。体重は7.98キロだった…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

あわせて読みたい

注目の特集