メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都知事選 小池氏の再選確実
JR北海道

厳冬の線路除雪作業を公開

 雪や厳しい寒さの中で列車を運行するJR北海道は、車両基地「札幌運転所」に近い函館線手稲駅構内(札幌市手稲区)での線路の除雪作業を毎日新聞などに公開した。

 公開されたのは1月27日未明。午前0時16分に札幌方面からの手稲行き最終列車が到着すると、分厚い防寒具を着た14人の除雪員が線路で作業を始めた。約1キロの区間のレールの周りをスコップで除雪し、氷となって固まっている部分はつるはしを振るって取り除く。

 この日午前1時の札幌市中心部の気温は氷点下3.9度で、積雪は59センチ。途中から雪が降り出し、風も強まって社員からは「(氷点下)10度ぐらいに感じた」との声が上がった。駅員の男性は「普段ならもっと丁寧に取り除くが、今日は雪が多いのでそれでは間に合わない」。JR北の広報担当者は「簡単なように見えても、慣れた人でなければすぐに腕が痛くなって作業が続けられなくなる」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  5. コロナ封じ込めに成功したはずの韓国で感染拡大する理由 自粛解除と防疫、両立の難しさ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです