メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井四段

中学生初の五段に昇段 順位戦9連勝で昇級

中学生として初めて五段に昇段し、笑顔で感想戦に臨む藤井聡太新五段=東京都渋谷区の将棋会館で2018年2月1日午後11時19分、渡部直樹撮影

 中学生棋士の藤井聡太四段(15)は1日、東京都渋谷区の将棋会館で指された名人戦C級2組順位戦9回戦で梶浦宏孝四段(22)に勝ち、9戦全勝でC級1組昇級を決め、同日付で中学生初の五段に昇段した。

 15歳6カ月での昇級・昇段は、加藤一二三九段(78)の15歳3カ月に次ぐ年少記録。ただ加藤九段の頃は昇段日が年度初日と決まっていたため、五段になったのは高校1年生だった。現在は昇級確定日に昇段する規定に変わったため、初の「中学生五段」が誕生した。

 藤井五段は17日には朝日杯将棋オープン戦の準決勝で、羽生善治竜王(47)と対戦する。羽生竜王に勝ち、同日行われる決勝も制して優勝すれば、六段に昇段する。【丸山進】

昇級果たせてよかった

 藤井聡太五段の話 順位戦では1年間昇級を目指して戦ってきたので、果たせてよかった。最終戦も全力を尽くしたい。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 2歳児保護 「よく頑張った」親族ら安堵 山口・周防大島
  3. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か
  4. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです