メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井四段

中学生初の五段に昇段 順位戦9連勝で昇級

中学生として初めて五段に昇段し、笑顔で感想戦に臨む藤井聡太新五段=東京都渋谷区の将棋会館で2018年2月1日午後11時19分、渡部直樹撮影

 中学生棋士の藤井聡太四段(15)は1日、東京都渋谷区の将棋会館で指された名人戦C級2組順位戦9回戦で梶浦宏孝四段(22)に勝ち、9戦全勝でC級1組昇級を決め、同日付で中学生初の五段に昇段した。

 15歳6カ月での昇級・昇段は、加藤一二三九段(78)の15歳3カ月に次ぐ年少記録。ただ加藤九段の頃は昇段日が年度初日と決まっていたため、五段になったのは高校1年生だった。現在は昇級確定日に昇段する規定に変わったため、初の「中学生五段」が誕生した。

 藤井五段は17日には朝日杯将棋オープン戦の準決勝で、羽生善治竜王(47)と対戦する。羽生竜王に勝ち、同日行われる決勝も制して優勝すれば、六段に昇段する。【丸山進】

昇級果たせてよかった

 藤井聡太五段の話 順位戦では1年間昇級を目指して戦ってきたので、果たせてよかった。最終戦も全力を尽くしたい。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS B’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供で無事発見 20年ぶり本人の元へ
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  4. 大西議員発言 名誉毀損認めず 高須クリニック側敗訴
  5. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]