メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井聡太

また新たな歴史、中学生初の五段に

昇段し感想戦で笑顔を見せる藤井聡太五段=東京都渋谷区の将棋会館で2018年2月1日午後11時31分、渡部直樹撮影

 史上最年少でデビューした中学生棋士の藤井聡太四段(15)が1日、中学生で初めて五段に昇段し、将棋界にまた新たな歴史を作った。名人戦順位戦の一番下に位置するC級2組を9戦全勝し、1局を残して五段昇段を決める圧倒的な強さだった。

 藤井は午後11時5分、114手で梶浦宏孝四段(22)を降した。藤井は「難しい展開になったが、踏み込んでいけたのがよかった」と語った。

 藤井は一昨年末のデビュー戦から連勝を重ね、昨年6月に史上最多連勝記録の29連勝を打ち立てた。今年1…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文522文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 春日部駅 高架化の完成目標、国認可12年後 県が説明会 /埼玉
  5. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]