奄美大島

沈没タンカーの油漂着か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1日正午ごろ、鹿児島県・奄美大島の海岸の広範囲で、油のような物が漂着しているのが確認された。奄美海上保安部は、先月14日に同島沖約300キロの地点で沈没したタンカーから流出した油の可能性もあるとみて、漂流物の成分を詳しく調べている。

 同海上保安部によると、1日午前11時20分ごろ、奄美市名瀬の朝仁…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

あわせて読みたい

注目の特集