メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ仲裁裁判所

ドーピング露28選手の処分取り消し

 【平昌・田原和宏】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は1日、2014年ソチ冬季五輪でドーピング違反とされ、国際オリンピック委員会(IOC)による永久追放処分に不服を申し立てたロシア選手について、聴取した39選手のうち28人の訴えを認め、処分を無効とする裁定を発表した。IOCの示した証拠が不十分と判断した。28人は9日開幕の平昌冬季五輪に出場できる可能性が出てきた。抹消されたソチ五輪の成績も認められる。

 IOCは1日、CASの裁定を受けて「大変遺憾。これで自動的に五輪の参加を承認することを意味しない」…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 幸福度1位 フィンランドに見るゆとりと透明性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです