メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

カンボジアのごみ山で働く子供たちに夢を…日本人青年が始めた“バナナペーパー”事業って!?

<プロフィル>山勢拓弥(やませ・たくや) 1993年東京都生まれ。19歳でカンボジアを訪れシェムリアップのごみ山問題を目の当たりにする。帰国後両親の反対を押し切って大学を中退、2013年にバナナペーパー作りに軸を置いた雇用事業と教育事業を柱とした一般社団法人Kumae を設立。現地のパニャサストラ大学で経営学を専攻しながら、運営に当たっている。取材ディレクターいわく「思慮深さと行動力を兼ね備えた稀に見る才人。とにかく思い立ったらすぐに行動する。取材中に“1カ月で新店舗を作る”と言いだしました。実際、クオリティも高い商品を作り、かつ新店舗オープンも有言実行しました」。趣味はサッカー。シェムリアップ在住の24歳。

 世界遺産のアンコールワットで知られるカンボジアのシェムリアップ。多くの観光客で賑わう一大都市だが、中心地からほど近い小さな村に巨大なごみ山が存在しているのをご存じだろうか?

     毎日シェムリアップから持ち込まれる膨大なごみ山の村で暮らす人々の生活水準の向上と雇用創出を目指し、現地でバナナの廃材を使った新たな事業を立ち上げたバナナペーパーデザイナーの山勢拓弥がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、2月4日午後11時~11時半)に登場する。

     カンボジアにはごみ焼却施設が無く、毎日シェムリアップから出るごみがここアンルンピー村に廃棄される。村人たちの中には集めたビンや缶を売って生計を立てる人も多く、割れたガラスや注射針など危険物が散乱し悪臭漂う劣悪な環境の中、幼い子供たちも親と共にごみを集めているのが現状だ。

     19歳の時、偶然この村を旅行で訪れた山勢は、その光景に強い衝撃を受け「子供たちがごみ山で働かなくて良いシステムを作りたい」と5年前に村人たちの雇用創成と生活水準の向上を目的とした団体を設立。現地に自生するバナナの木の繊維から紙を作る“バナナペーパー”事業と、授業料無料の日本語学校を運営し現地で奮闘を続けている。

     番組では、異国の地で驚くようなスピードと行動力で次々とニッチなアイディアを実現し、理想と現実のギャップにもがきながらも、現地の人たちを巻き込んで貧困という社会問題に真正面から挑む24歳の姿を追った。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夏休み 「気持ちいい」首相が森、小泉元首相らとゴルフ
    2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
    3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
    4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
    5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです