メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

丸森町 斎理屋敷 当主の個性光る蔵 /宮城

通りに面して立つ「店蔵」は斎理屋敷で最も古い。1階では土産物を販売している=丸森町で

 約6000平方メートルの敷地に残る個性豊かな蔵や避雷針、石風呂--。江戸後期から昭和にかけ、7代続いた豪商「斎藤家」の屋敷跡「斎理屋敷」は、当時の豊かな暮らしぶりを今に伝える。

 斎藤家は、丸森町で呉服商など幅広い商売を営んできた。最後の当主は1950年に店と蔵を閉め、仙台に移住。亡くなる前年の86年、所蔵品も含めて町に寄贈した。同町は88年、長く封印されてきた屋敷跡を整備し「蔵の郷土館」として公開している。

 通りに面して建つのは、なまこ壁と大きなのれんが目をひく土蔵造り2階建ての「店蔵」で、1848年に建…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. あおり運転 イラッときたら怒声器に 大分の僧侶開発
  5. WEB CARTOP 「パトカーの待ち伏せ時の駐禁は? 速度違反は?」など緊急車両の交通ルールとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです