メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
みちのく建物探訪

丸森町 斎理屋敷 当主の個性光る蔵 /宮城

通りに面して立つ「店蔵」は斎理屋敷で最も古い。1階では土産物を販売している=丸森町で

 約6000平方メートルの敷地に残る個性豊かな蔵や避雷針、石風呂--。江戸後期から昭和にかけ、7代続いた豪商「斎藤家」の屋敷跡「斎理屋敷」は、当時の豊かな暮らしぶりを今に伝える。

 斎藤家は、丸森町で呉服商など幅広い商売を営んできた。最後の当主は1950年に店と蔵を閉め、仙台に移住。亡くなる前年の86年、所蔵品も含めて町に寄贈した。同町は88年、長く封印されてきた屋敷跡を整備し「蔵の郷土館」として公開している。

 通りに面して建つのは、なまこ壁と大きなのれんが目をひく土蔵造り2階建ての「店蔵」で、1848年に建…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文964文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです