メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

浦安のノリ、歴史知って 養殖の仕組み、道具など紹介 市郷土博物館 /千葉

浦安市郷土博物館で開催されている企画展「浦安の海苔養殖」。実際に使用された道具や資料が展示されている=浦安市で

 浦安市猫実の市郷土博物館で、ノリ養殖の企画展「浦安の海苔(のり)養殖」が開催されている。かつて漁師町だったころの基幹産業で、ノリが育つ仕組みや浦安の歴史、実際に使われていた道具などが紹介されている。3月4日まで。

 遠浅の浦安の海は、ノリの養殖に適しており、明治後期に始まった。最盛期の1950年代ころには養殖業者は1300軒以上。沖には東京ディズニーリゾートの約9倍にあたる約900ヘクタールの養殖場が広がっていた。

 同館では毎年、1~3月のノリが採れる時期に市立小学校の4年生全員がノリすき体験をしており、企画展も…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文536文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです