メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・HOTEL夢のひととき

川奈ホテル/中 気付きのサービス継承 /東京

ホテルロビーに立つオペレーション担当部長の井原利夫さん=伊東市で

 1998年4月18日、2人の要人が固い握手をかわした。ロシアのエリツィン大統領と橋本龍太郎首相(いずれも当時)である。1階サンパーラーには満開の八重桜が咲いていた。

 ただ、この首脳会談まで紆余(うよ)曲折があった。ホテル側は観賞用のソメイヨシノを気温が低い天城山に移して準備していた。ところが、ロシア側の予定変更で会談が当初予定より1週間延期され、花が見ごろを過ぎてしまったのだ。当日は急きょ遅咲きの八重桜をサンパーラーに設置したところ、大統領は満開のサクラに大喜びしたという。両首脳が結婚披露宴に飛び入り参加し、新郎新婦に花束を贈呈するという「サプライズ」もあった。当時レストラン担当だったオペレーション担当部長の井原利夫さん(61)は「両首脳とも終始笑顔で和やかなムードでし…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです