メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

「藤井五段」昇段 「瀬戸のかけがえのない宝」地元沸く 中学生初の快挙 市民が祝福、市長や師匠もエール /愛知

 中学生棋士の藤井聡太さん(15)が1日の名人戦C級2組順位戦9回戦で勝ち、四段から中学生初となる五段昇段を果たした快挙に、地元の瀬戸市では「市民の誇り」「もっと上を目指して」と祝福の声が相次いだ。

 市民応援団の結成を願っているコミュニティーFMラジオ局「ラジオサンキュー」の牧治社長(61)は「すばらしい成績に驚くばかりで、瀬戸にとってかけがえのない宝だ。地元から、いつまでも温かく見守っていきたい」と話していた。

 藤井五段が小学4年まで通った「ふみもと子供将棋教室」の師範、文本力雄さん(63)は「“盤上没我”の境地を体得しており、どんなに強い相手との対局でも実力を出せる強みがある。17日の(朝日杯将棋オープン戦準決勝での)羽生善治竜王との対局でも存分に戦ってくれるでしょう」と活躍に目を細めた。また伊藤保徳市長は「将棋界の歴史に名を刻む偉業を達成されました。着実に実績を重ねていく姿は市民の誇りであり、大きな…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  4. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです