津商餅

9作目 けいらんに松阪赤菜 200個販売 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松阪赤菜けいらんをPRする津商高3年の川口大直さん(右)と大田淳暉さん=津市大門の玉吉餅店で
松阪赤菜けいらんをPRする津商高3年の川口大直さん(右)と大田淳暉さん=津市大門の玉吉餅店で

 津商高(津市)の生徒が、津市伝統の餅菓子「けいらん」をアレンジした「津商餅」の新商品を開発した。松阪市に伝わる野菜・松阪赤菜を使った「松阪赤菜けいらん」。1月27、28両日、津市大門の老舗「玉吉餅店」などで計200個、限定販売された。

 松阪赤菜はカブの仲間で、根や葉の茎が鮮やかな紅色をしており、主に漬物にして食べられている。…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

ニュース特集