メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あのひとにとって

聞こえない世界で/4 健聴者との橋渡し施設を開所 夢は手話の普及 /兵庫

兵庫県聴覚障害者協会で働く嘉田眞典さん。手話でコミュニケーションを取っている=神戸市中央区で、待鳥航志撮影

 阪神大震災(1995年)時に孤立した聴覚障害者の救援活動に奔走した、ろう者の嘉田眞典さん(53)=三田市ゆりのき台=は96年、県聴覚障害者協会の事務局長に就任した。「震災で聴覚障害者への理解が不十分だと分かった。行政や市民に、積極的に働きかけて理解を広めないといけない」。日本語のコミュニケーションが困難な人も少なくない聴覚障害者。嘉田さんが中心になって取り組んだのが、聴覚障害者向けの情報の提供や健聴者と聴覚障害者との橋渡しをする施設の設立だった。

 県内の聴覚障害者団体や支援団体で設立委員会を2001年に組織。建設に向けて街頭に立って協力を呼びか…

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1344文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです