メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あのひとにとって

聞こえない世界で/4 健聴者との橋渡し施設を開所 夢は手話の普及 /兵庫

兵庫県聴覚障害者協会で働く嘉田眞典さん。手話でコミュニケーションを取っている=神戸市中央区で、待鳥航志撮影

 阪神大震災(1995年)時に孤立した聴覚障害者の救援活動に奔走した、ろう者の嘉田眞典さん(53)=三田市ゆりのき台=は96年、県聴覚障害者協会の事務局長に就任した。「震災で聴覚障害者への理解が不十分だと分かった。行政や市民に、積極的に働きかけて理解を広めないといけない」。日本語のコミュニケーションが困難な人も少なくない聴覚障害者。嘉田さんが中心になって取り組んだのが、聴覚障害者向けの情報の提供や健聴者と聴覚障害者との橋渡しをする施設の設立だった。

 県内の聴覚障害者団体や支援団体で設立委員会を2001年に組織。建設に向けて街頭に立って協力を呼びか…

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1344文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]