メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

写真家・長倉さんが来月講演 アフガン、山の学校支援 「世界の関心、励みになる」 /和歌山

NGOが支援するアフガニスタンの小学校では、男女共学で多くの子供が学んでいる=2017年6月3日、長倉洋海さん提供

 政府とイスラム過激派などとの紛争が続くアフガニスタン北東部で、山岳地帯の住民らが自主的に続ける学校を支援する写真家、長倉洋海さん(65)=東京都在住=が3月17日、初めて和歌山市で講演する。長倉さんは「現地は今も変わらず苦しいが、世界が関心を持ち続ければ彼らの励みになる」と話している。

 県青少年育成協会などが毎年続ける青少年活動センター活性化事業の一環。昨秋、長倉さんが代表を務めるNGO「アフガニスタン山の学校支援の会」を県BBS協会の高垣晴夫会長が訪ねて依頼したという。高垣会長は「子供が生きていける社会の実現こそが我々のテーマ」と話す。

 1980年代から世界各国の紛争地で取材を続けている長倉さんは2002年6月、アフガン北東部ポーラン…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです