岡山県議

海外視察報告書問題 知事「似るのは当たり前」 /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県議13人が昨年度に公費で実施した海外視察で、ほとんどの報告書に同じ文章が使われていた問題について、伊原木隆太知事は2日の定例記者会見で「(視察で)同じ説明を受けたのであれば、報告書が似てくるのは当たり前だ」と述べ、問題はないとの認識を示した。

 伊原木知事は、県議の海外視察の意義について「報告は2次的なもの。議員がさまざまな場所で勉強してくれることが大切」との見解を明らかにした。一方、知事になって約5年間に、その効果を感じられた部分があ…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

あわせて読みたい

注目の特集