特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

青が駆ける

センバツ・瀬戸内 選手紹介/3 大本泰成一塁手(2年) 力強いスイング /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
素振りをする瀬戸内の大本泰成一塁手=広島市東区山根東5の練習グラウンドで、小山美砂撮影 拡大
素振りをする瀬戸内の大本泰成一塁手=広島市東区山根東5の練習グラウンドで、小山美砂撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

大本泰成(おおもと・たいせい)一塁手(2年)

 思い切りのいい力強いスイングが持ち味。速球でも打ち負けず、打球は鋭く速い。「チャンスで打って貢献したい」と得意の打撃に力を入れる。

 小さい頃はサッカー少年だった。中学でもサッカー部に入ったが、野球で遊んでいた時に打撃力を野球部の友人に見込まれた。「一緒にやろう」と誘われ、1年の秋に転部した。

 中学では4番も任され、バッティングには自信を持つ。だが、他の部員より野球歴が短い分「守備はまだまだ」と歯を食いしばる。居残ってノックを受けるなど、この冬は捕球の技術向上も図る。攻守で活躍する選手になることを誓う。

 家族と一緒に豚骨ラーメンを食べに行くのが楽しみ。広島市立長束中学出身。【小山美砂】

関連記事

あわせて読みたい