メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀・玄海原発

内閣府、再稼働対策「ゼロ回答」 平戸市長会見「不安に向き合ってない」 /長崎

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働を巡り、30キロ圏の松浦、平戸、壱岐、佐世保市が連名で国に出した避難路整備などの要望書について、内閣府は実質ゼロ回答だったことが2日、明らかになった。黒田成彦平戸市長が同日の定例会見で説明し「住民の不安に向き合っていない」として改めて再稼働反対の立場を示した。今後は、4市の枠組みを維持して県選出国会議員を通じて国へ実現を働きかける。

 要望書は昨年4月21日付で、住民避難の実効性を確保するため、道路や大型船に対応する岸壁の整備▽入院…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文613文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです