メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

献血

協力呼び掛け 県内の血液在庫不足 8日まで天文館の受付時間延長 /鹿児島

街頭で献血の協力を呼びかける県赤十字血液センターのスタッフ

 インフルエンザの流行や寒さの影響で、県内の血液在庫が不足している。県赤十字血液センターは鹿児島市の「献血ルーム・天文館」の受付時間を延長して、献血への協力を呼びかけている。

 同センターによると、医療機関から要請される輸血用血液の量が、安定供給に必要とされる献血計画量を上回る状態が先月から続いている。インフ…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです