日米首脳電話協議

米軍機安全確保、安倍首相が要請

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は2日夜、トランプ米大統領と約1時間にわたって電話で協議した。ペンス副大統領が6~8日に来日するのを控え、日米韓3カ国で北朝鮮への圧力を最大限に高める方針を改めて確認した。首相は沖縄県でトラブルが相次ぐ米軍機に関し「厳格な安全確保」を強く要請。トランプ氏は「関係者に(対応を)協議させる」と応じた。

 トランプ氏が復帰を検討するとした環太平洋パートナーシップ協定(TPP)は話し合われなかったという。首相は、トランプ氏が一般教書演説で北朝鮮への圧力を最大限まで高める必要性を説いたことを評価。首相とペンス氏が9日の韓国・平昌冬季五輪開会式に合わせて個別に文在寅(ムンジェイン)大統領と会談する予定も話題になり、両首脳は北朝鮮制裁で緊密に連携するよう韓国に申し入れることで合意した。融和姿勢を強める韓国…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文469文字)

あわせて読みたい

注目の特集