メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

北朝鮮密輸やまず 当局態勢強化、摘発相次ぐ

 【台北・福岡静哉】台湾で、北朝鮮との密輸に関与した疑いで貿易業者らが摘発される事件が相次いでいる。昨年9月の国連安全保障理事会の制裁決議を受け、台湾は北朝鮮との貿易を全面禁止。だが、その後も平壌であった貿易展覧会に台湾の業者が出展するなど、水面下で取引が続いている疑いがある。長年にわたり貿易を続けてきた経緯があるとはいえ、台湾当局は根絶に懸命だ。

 台湾の検察当局は今月1日、昨年12月に北朝鮮船に東シナ海でディーゼル油約7000トンを密輸した際に…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文585文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]