メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

土地改良区の体制をめぐる課題=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 どのように折り合いをつけたらよいのか。農地制度のことである。1965年に600万ヘクタールあった日本の農地は、足元では450万ヘクタールを割り込んでいる。農地の54%は担い手(認定農業者)によって耕作されているが、政府は2023年度までにこの比率を8割にする方針だ。とはいえ、なかなか容易ではない。

 農業水利施設などの整備・管理を行うことで、地元農業者を中心に農地の保全を行っているのが土地改良区である。これまで全国の農業水利施設は約40万キロにおよび、全農地面積の3分の2に当たる約300万ヘクタールに安定的にかんがい用水を供給している。

 しかし、農林水産省がまとめた「今後の土地改良区の在り方について」によれば、土地改良区は合併などによりこの40年で半減し16年末で4585地区となっている。組合員数も359万人まで減少。土地改良区の組合員の構成をみると、地域によって差はあるものの自作地が6割強で貸借地が4割弱となっている。問題となるのは土地持ち非農家の所有地だ。土地持ち非農家は、土地改良事業への関心が薄く、耕作者の負担が増す恐れが…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  4. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです