メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第35回 中上健次『枯木灘』 案内人・島田雅彦(その1)

文壇バー「風花」で中上健次をしのぶ島田雅彦さん=東京都新宿区で、鶴谷真撮影

 文壇の中心ながら早世した中上健次(1946~92年)。行きつけだった東京・新宿のバーを作家の島田雅彦さんが訪ね、代表作『枯木灘』の世界に思いをはせた。

血族の濃密すぎる愛憎

 日本の近代文学は前近代の家族制度に伴う呪縛から逃れることを目指し、おのが出自、血縁を呪う主人公を複数輩出して来た。彼らは良家と姻戚関係を結ぶための政略としての結婚、家業や家名を存続させるための養子縁組、家督の相続を巡る骨肉の争い、世襲化、固定化された職業、階級といった問題に常に直面していた。『破戒』の島崎藤村然(しか)り、養子としての過去に悩んだ夏目漱石然り、母の狂気の血統を恐れた芥川龍之介然りである。

 小松左京は『日本沈没』で「琵琶湖の小アユ論」なるものを展開している。戦前の日本社会では「家」や「世…

この記事は有料記事です。

残り1157文字(全文1497文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです