メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第35回 中上健次『枯木灘』 案内人・島田雅彦(その2止)

中上健次が生まれ育った和歌山県新宮市の市街地。手前左の山に「お灯まつり」が行われる神倉神社がある=1月27日、本社ヘリから加古信志撮影

 秋幸は腹違いの妹さと子と交わるという禁忌を龍造に突きつけることで象徴的な父殺しを実行しようとするが、龍造に一笑に付される。最終的に秋幸は予想外の形で、一族の血の証を立てることになる。龍造をなじる秋幸に殴りかかってきた弟の秀雄を返り討ちにし、殴り殺してしまうのである。ほとんど神話か、ギリシャ悲劇のような青春である。

 兄弟同士の殺し合いは避けられない運命だったのか、自分が「路地」から抜け出す術はなかったのか、秋幸には一体、どんな不可抗力が作用していたのか? この問題は次作『地の果て 至上の時』に受け継がれる。

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです