メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぱりまる

アレルギー配慮の菓子 愛知の知的障害者作る

「子どもたちのために」と焼き上げた「ぱりまる」を袋詰めする障害者ら=愛知県高浜市の授産所高浜安立で2018年1月19日、長倉正知撮影

 東日本大震災の被災地、岩手県陸前高田市の子どもたちに送るため、愛知県高浜市向山町の知的障害者通所施設「授産所高浜安立(あんりゅう)」で、今年も焼き菓子の「ぱりまる」作りが始まった。アレルギーにも配慮したもので、「世の中の役に立ちたい」という障害者たちの思いが込められている。

 「ぱりまる」はせんべいのようなお菓子で、食物アレルギーを起こす特定原材料7品目(卵、牛乳、小麦粉など)を除いて製造している。食物アレルギー対策で実績のある愛知文教女子短大(愛知県稲沢市)がレシピ作りで協力し、アレルギーの子も、そうでない子も一緒に食べられるようにした。知的障害者9人の高浜安立の工場だけで作られている。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1045文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです