ロケット

「電柱サイズ」打ち上げ 超小型衛星搭載

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
打ち上げられた「SS520」5号機=宇宙航空研究開発機構(JAXA)ホームページより
打ち上げられた「SS520」5号機=宇宙航空研究開発機構(JAXA)ホームページより

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日午後2時ごろ、東京大の超小型衛星を載せた電柱サイズのロケット「SS520」5号機を内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げた。約7分半後に衛星を分離するが地上との通信に時間がかかるため、約3時間以内に成否が判明する見通し。

 SS520の5号機は長さ9.5メートル、直径52センチ、重さ2.6トンで、人工衛星を軌道投入できる世界最小クラスのロケット。1~3号機は人工衛星を搭載しない観測ロケットで、JAXAは昨年1月、…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

あわせて読みたい

注目の特集