メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水戸市

納豆の支出額3位に転落 消費拡大を呼び掛け

「日本一」奪還を目指し、納豆を無料で配るイベントが行われた=水戸市のJR水戸駅南口で、根本太一撮影

 水戸市と納豆製造業者でつくる協同組合が2日、JR水戸駅前で特産のわら納豆300本を無料配布した。市民に消費拡大を呼び掛け、「納豆の街」を全国にアピールする狙いだ。

 先月30日に発表された総務省の2017年家計調査で、水戸市は1世帯当たりの納豆支出額が3位に転落し、1年で首位の座を明け渡した。しかも…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです