メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受験と私

連合会長・神津里季生さん「野球がしたくて東大へ」

連合会長の神津里季生さん=東京都千代田区の連合会館で、岡本同世撮影

 日本の労働組合の全国中央組織「連合(日本労働組合総連合会)」。その会長を務める神津里季生(こうづ・りきお)さんに、東大進学の理由を尋ねると「実は、とにかく野球がしたかったんです」。意外な答えが返ってきました。【聞き手・岡本同世】

 名前の由来ですか? 僕は3月生まれで、父が「里の季節に生まれた」とつけてくれました。童謡の「春が来た」の歌詞のように、山に来た「里」に来た、ってことじゃないかな。両親ともかつて演劇をやっていて、文学青年的なところがあったんです。

この記事は有料記事です。

残り2819文字(全文3049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです