連載

受験と私

悲喜こもごもの受験の思い出を、各界の「先輩」に聞きました。勉強のコツも紹介。

連載一覧

受験と私

連合会長・神津里季生さん「野球がしたくて東大へ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
連合会長の神津里季生さん=東京都千代田区の連合会館で、岡本同世撮影
連合会長の神津里季生さん=東京都千代田区の連合会館で、岡本同世撮影

 日本の労働組合の全国中央組織「連合(日本労働組合総連合会)」。その会長を務める神津里季生(こうづ・りきお)さんに、東大進学の理由を尋ねると「実は、とにかく野球がしたかったんです」。意外な答えが返ってきました。【聞き手・岡本同世】

 名前の由来ですか? 僕は3月生まれで、父が「里の季節に生まれた」とつけてくれました。童謡の「春が来た」の歌詞のように、山に来た「里」に来た、ってことじゃないかな。両親ともかつて演劇をやっていて、文学青年的なところがあったんです。

この記事は有料記事です。

残り2819文字(全文3049文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集