メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受験と私

連合会長・神津里季生さん「野球がしたくて東大へ」

連合会長の神津里季生さん=東京都千代田区の連合会館で、岡本同世撮影

 日本の労働組合の全国中央組織「連合(日本労働組合総連合会)」。その会長を務める神津里季生(こうづ・りきお)さんに、東大進学の理由を尋ねると「実は、とにかく野球がしたかったんです」。意外な答えが返ってきました。【聞き手・岡本同世】

 名前の由来ですか? 僕は3月生まれで、父が「里の季節に生まれた」とつけてくれました。童謡の「春が来た」の歌詞のように、山に来た「里」に来た、ってことじゃないかな。両親ともかつて演劇をやっていて、文学青年的なところがあったんです。

 子供の頃から、あまり上手ではありませんでしたが、野球が好きでした。小学校から高校まで進学校の東京学芸大付属。中学校でも高校でも野球部に入ったのですが、高校1年の秋に左足中指を疲労骨折して退部しました。ものすごく悲しかった。

 そうやって挫折はしたけど「また野球できないかな」とひそかに考えていたんです。そんなとき、友達に誘われて、東京六大学野球の試合を見に行きました。東大の選手は当時の古くさいユニホームを着ていたせいか、そんなに上手に見えなかった。「これだったら俺も入れるんじゃないかな」と。それは錯覚で、実際に入るとやはりレベルが高いわけですが、とにかくやりたい、と夢見たのが根っこになっています。

この記事は有料記事です。

残り2518文字(全文3049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです