特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

挑む!

’18センバツ由利工 躍進への軌跡/中 「粘り」と「集中力」が身上 実戦経験積み、チームに勢い /秋田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
室内練習場でウオーミングアップをする選手たち=由利本荘市で 拡大
室内練習場でウオーミングアップをする選手たち=由利本荘市で

 <第90回選抜高校野球>

 昨年10月、福島県で開かれた東北大会の2回戦、由利工は弘前東(青森)と対戦した。

 2点を追う九回2死満塁の場面。「積極的にいけよ!」というベンチからの声援を受け、木村裕太内野手(2年)がバッターボックスに入った。初球を振り抜き、走者一掃の左越え3点適時打で一気に逆転した。勝利を決めた後、整列したナインの目には涙があふれていた。木村内野手は試合後「初出場で初勝利だったので、流れてきた校歌は新鮮に聞こえた。涙でうまく歌えなかったけれど」と話した。

 次の準々決勝では花巻東(岩手)と対戦。序盤で先制したが逆転され2-4で敗れた。しかし、最後まで勝利をあきらめなかった。

 現在のチームの大きな強みは「決してあきらめない粘り」。これはどのように育まれてきたのか。

 2016年夏の秋田大会で佐藤亜蓮投手(2年)は控え投手に。その秋に行われた県内各校の1年が参加する新人戦で優勝。さらに昨夏の大会には10人がベンチ入りを果たした。渡辺義久監督は「学年がひとつ上の選手は11人と比較的少なかった。そのぶん現2年生の出場機会が多く、実戦経験を多く積めた」とその背景を話す。

 渡辺監督が「チームに勢いが出てきた」と指摘するのは、昨年9月に行われた県大会中央地区大会の準決勝。甲子園出場経験のある強豪、金足農との一戦だった。四回を終えて1-1の同点。失点しないよう集中力を切らさず、延長十三回を迎えた。木村内野手の適時二塁打で勝ち越し、2-1で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 土井幹太外野手(2年)は「気を抜いたら負けると思った。勝てて自信になったし、あの集中力はその後の試合にもつながった」と振り返る。

 各地区を勝ち上がったチームが東北大会を目指す県大会で、最後の1枠を懸けた第3代表決定戦を迎えた。能代との試合は1点を追う七回、5連打などの集中打で一挙4点。佐藤投手は計11奪三振の好投で後続を断ち完投した。劣勢に耐える「粘り」に、チャンスを生かす集中力も加わっていた。

 選手たちは「強豪校との体格の違いを感じた」と口にするように、東北大会の敗戦が大きな糧になっている。現在はウエートトレーニングに励み、野球ノートを付けて課題などを書きつづっている。好成績におごらない「謙虚さ」も忘れてはない。【川口峻】


 ◆秋季大会対戦成績

中央地区大会

<2回戦>

○5-3 秋田南

<準々決勝>

○3-2 新屋

<準決勝>

○2-1 金足農(延長十三回)

<決勝>

○7-3 由利

県大会

<2回戦>

○5-1 秋田修英

<準々決勝>

○6-2 湯沢翔北

<準決勝>

●1-5 能代松陽

<第3代表決定戦>

○4-1 能代

◇東北大会

<2回戦>

○5-4 弘前東(青森)

<準々決勝>

●2-4 花巻東(岩手)

関連記事

あわせて読みたい